ロボット投信株式会社

資産運用・アセットマネジメント業界でのイノベーション創出とコミュニティ形成に向けて、第一回ハッカソンを開催

ロボット投信株式会社(代表取締役社長 野口 哲)、クラウドクレジット株式会社(代表取締役 杉山 智行)、平和不動産株式会社(代表取締役社長 岩熊 博之)、トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社(代表取締役社長 富田 秀夫)の4社は、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社の渋澤 健代表取締役CEOを審査員長として招き、以下の通り、第一回資産運用ハッカソンを開催し、ファクタリングプラットホーム事業*を立案したtaxy(タクシー)が最優秀賞を受賞しました。

(開催 および 表彰の概要)
ハッカソン開催日時: 2017年1月29日
開催場所: Fingate (茅場町)
表彰の概要: 全6チームがサービス案のプレゼンテーションを行い、11名の審査員(メガバンク、運用会社、オンライン証券、コンサル、IT、フィンテック・ベンチャー、金融情報ベンダーから各社フィンテック担当者にて構成)により最優秀賞を決定。(ハッカソンに先立ち、2016年12月20日には大手運用会社がパネラーとして参加するアイデアソンを開催しアイディアを募集。またアイデアソン参加チームを中心に、サービスモデルを設計するイベントや、各種テクノロジーの説明会を経て第一回ハッカソン参加の全6チームを選出。)

なお、ハッカソン開催にあたって参加チーム選出に至る一連のイベントでは、日本アイ・ビー・エム株式会社が技術支援として参加し、IBM Bluemixなどの開発環境や、デザイン思考を用いたワークショップの提供を行いました。

今回の取り組みを機に東京の金融市場としての国際競争力の向上を意図して実施してきた勉強会を「資産運用イノベーション協会」として一般社団法人化し、継続的な活動基盤を整え、兜町に資産運用とITテクノロジーを掲げる新たなオープンイノベーションコミュニティの形成を目指します。

*ファクタリングプラットホーム:中小企業の売掛債権への投資機会を提供するサービス

【本件に関するお問い合わせ先】
ロボット投信株式会社
佐川拓也
info@robotfund.co.jp