ロボット投信株式会社

Amazon Alexa対応の情報配信サービスを「投資情報」として提供

ロボット投信株式会社(代表取締役社長 野口哲、以下、「ロボット投信」)は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(取締役社長 長岡孝、以下、「MUMSS」)と資産運用フィンテック分野において協働し、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応する情報配信サービス「投資情報」スキルをAmazon Echoの出荷開始より提供を開始いたします。

当該サービスは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」とスマートスピーカー「Amazon Echo」の日本展開に伴うものです。Echoは、音声にる操作で、常にハンズフリーで利用できます。例えば、ユーザーが部屋のさまざまな場所から声をかけ、音楽の再生、ニュース、天気などの各種の情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。さらに、Echoを支えるAlexaは、クラウド上に構築され、常に進化しており、賢くなっています。

今般、ロボット投信は、金融業務への知見をベースとした音声によるUI/UXへの最適化を目指すとともに、独自に構築した投資信託の辞書データベースおよびAlexa Skill Kitにおける開発力によって「投資情報」スキルの開発を実現しました。

●「投資情報」スキルによる情報配信サービスについて
「投資情報」は、国内の株価や投資信託(国内公募投信」の基準価額、その前日比といった個別銘柄の情報をいつでもご確認いただけます。
ご利用にあたっては、株式の銘柄名や投資信託の愛称あるいは銘柄名を話しかけていただくと、該当する銘柄を見つけ個別銘柄の情報をお知らせします。例えば投資信託の場合、「スマラップ」と話しかけると、愛称に「スマラップ」を含む銘柄を見つけ、基準価額や前日比といった情報をお知らせします。

ロボット投信は今後も、テクノロジーを活用した資産運用ビジネスの革新を積極的に展開し、個人投資家の利便性向上、資産運用業の競争力の向上に資するサービスを提供すべく取り組んで参ります。