ロボット投信株式会社

みずほ証券に投資信託および市況概況情報の電話自動応答サービスを提供

ロボット投信株式会社(代表取締役:野口哲、以下「ロボット投信」)は、本日より、みずほ証券株式会社(取締役社長:坂井辰史、以下「みずほ証券」)に対して電話自動応答システムを用いた投資信託および市況概況情報のサービス提供を開始しました。

みずほ証券では、今回のサービス導入により、これまでコールセンターのオペレーターが対応していた投資信託の基準価額の問合せや、前日の市況概況といった情報が、自動応答で問合せ可能となります。コールセンターの営業時間外においても対応することで、即時性や利便性の向上を図ります。今回の情報提供サービスは、米国のTwilio社が提供するインターネット経由で電話回線を接続するクラウド型ASPを利用し、電話自動応答サービスを構築しています。

これにより、ネットワーク上のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をはじめとする多様なコミュニケーションチャネルへと接続でき、近年、急速にニーズが高まっているオムニチャネル化への対応を可能にします。

多様なコンテンツを電話、SMS(ショート・メッセージ・サービス)、ビデオなどのデータ通信に関する最適なコミュニケーション手段で提供することで、みずほ証券およびエンドユーザーのニーズに応えてまいります。

みずほ証券、ロボット投信の両社は、今後もさらなるサービスの向上を目指した協議を進め、電話自動応答のコンテンツや機能拡張について検討していきます。